介護老人保健施設ケア・スポット梅津

http://carespotumezu.jimdo.com/

集中と選択から生産性、成果主義へ

同時改定
思ったほど、ドラステイックな内容にはなら無さそうです。
12月に単価など出るまで楽観視はできませんが、
基本単価を下げ、いくつかの加算を基本報酬に包括し、
人員配置加配なら加算?するみたいな図式。
事業所は人件費は嵩んでいき、収入は頭打ちという
構造で、しかもマンパワー不足の時代。
同時改定内容には運営を預かる方々には
ホッと一安心??かもしれませんが、
高齢化加速の日本の状況を見ると、この程度の
改定幅、内容で大丈夫なのかな?と心配になります。

軽度者への施策も重要でしょうが、無い袖は振れません。
市町村財政でこうしたサービスにも変化(地域格差)が
出て来ます。
確かに財務省の言う通り、どこに税金を有効投資して
少ない投資で最大限の効果を得るかという
費用対効果や生産性、効率性が益々重視されていきそうです。
真綿で締めていく施策、その塩梅が微妙な感じです。