介護老人保健施設ケア・スポット梅津

http://carespotumezu.jimdo.com/

制度の狭間の老健

矛盾

老健は”在宅支援”

在宅療養を考えていないなら、特養またはサ高住へとなるのが

制度上の流れ

特養待ちで老健利用と言う本音と

在宅支援と言う建前?の使い分け

これが老健運営の中で混沌としています

 

老いと共に

ADL向上は難しい

終の棲家を早めのFIXしたいのは

誰もが同じ

 

だから制度の狭間に陥る老健は少なく無い

 

医療介護連携が言われますが

医療の受け皿でになるのでなく

きちんと医療側で、中長期を設定、確認して

ゴールまでのライフプランを共同して

描く作業が連携です

MSWらも、その辺を理解して進めないと

真の連携には為らない気がします