介護老人保健施設ケア・スポット梅津

http://carespotumezu.jimdo.com/

リハで良くなる老健

同時改定について...ひと月半後を想定して書くのは
まさにギャンブル感覚。(しませんが...)
今改定は、ギリギリまで解釈も出ないままで
二転三転するような部分も。
経過措置的な解釈はかえって、
利用者や関係機関への周知を邪魔することに。
・5種類老健のどれですか?
・指標は何点でしたか?
この2点を確認していくことが
居宅ケアマネやMSWは必要でしょう。
ただ、機能分化しても稼働率を考えると
今まで同様に老健側も受け入れを
していくことでしょうから
この改定の入所の意味合いが理解できません。
老健で言えば、通所での減額の意味合いを
再考しておくべきです。
リハスタッフの人数次第で
老健方向性が決まる改定でもあります。
量≠質は忘れずに。 
ADL改善の可視化などの含みがあります。
バーセルインデックス等を活用することが賢明です。
また
療養型から介護医療院、回復期病棟の6分類と
『在宅復帰』という点で似た
サービス形態が出てく中で
その辺の動向も見ておくべきです。
少し狂想曲が落ち着けば
見えてくることも多々ありそうです。

f:id:andcare:20180411111450j:plain