介護老人保健施設ケア・スポット梅津

http://carespotumezu.jimdo.com/

目標

スタッフ自らが、こういう施設にしたいというのがベストですが

具体性ある「目標」は、やはり事業所が一定示す必要はあります。

それに対しても不満有るなら、別の法人を探すことをお奨めします。

目標が

自らも無く、示されると文句言うでは、論外です。

 

マンパワー不足で

介護処遇など為されていますが、そうした部分の考え方が

甘過ぎます。企業経験者なら、おそらく口を揃えて同じことを言うでしょう。

 

老健は今度の改定で生き残り、選ばれる老健を目指す中で

加算型、在宅強化型を目指します。

その目標を達し出来ないなら、賞与は出ないでしょうし、

定期昇給も無いわけです。

そうした目標とは別で、自然に貰えていると錯覚するから

意識のレベル低下が始まるのです。

外国人が参入してマンパワー市場が変化すると

こうした考えの方から、整理されていくことは、社会人経験から判りますが

それを感じさせて来なかった業界も反省が必要です。

良い意味での危機感やプレッシャーを感じていないなら

役職者は遠慮なく降格を申出、目標に向かって走ろうという世代へ

バトンタッチすべきでしょう。

若くして老害となるひとの多くは目標なき人たちです。

 

常に目標に向かうリーダーであることは大変ですが

それが自身のスキルにも役立つことは間違いないです。