介護老人保健施設ケア・スポット梅津

http://carespotumezu.jimdo.com/

全国介護保険担当課長会議資料 2020.7.31

課長会議

 

R2.7.31
やけに介護予防関連にページ割いてるなあが印象。
費用対効果が不透明なままで良いんだろうかと?
民間と連携を充実。
「介護予防にコミット、〇〇ザップ」
その方が話は早い気もします。
 
 
ICTや地域包括ケアもお約束。
これは厚労省から全国都道府県課長宛て資料だから
政令指定都市は、その先?なんでしょうか。
読む限り高齢者もネット使えないと
大変なことになりそうですね。
 
 
医療介護連携事業見直しも書かれています。
これは各サービスの横刺しを狙ったものですが
人的ネットワークが無い限り、無理な事業と言えます。
でも、今後、受け皿探しとなる拠点としては
使えるかもしれません。
病院退院後のサ高住などへの紹介など
趣旨を絞って運営すれば、光明も見えて来そうです。
現状は、権限も無く、頼りにもされなく何処にも付かず...。
 
 
リハ指標も出ています。
可視化や費用対効果。

 

ザックリ読んでの感想です。

秋から詳細は見えてくると言えます。