介護老人保健施設ケア・スポット梅津

http://carespotumezu.jimdo.com/

スタンダードプレコーション

感染予防スタンダードプレコ―ションを基本に

 

スタンダードプレコーション

標準感染予防策ともいわれ,院内感染予防の標準対策として米国で作成された。

院内感染予防対策は,米国ではさまざまな変遷を経て現在の標準感染予防策が

推奨されている。

これは全ての患者・医療従事者に適応され,病原微生物の感染源確認の

有無にかかわらず,血液,全ての体液,汗を除く分泌物,排泄物,傷のある皮膚,

そして粘膜が感染原因になりうるという考えに基づいている。

標準的感染予防策は以下通りである。

①手洗い:感染源となりうるものに触れた後,手袋を外した後,

つぎの患者に接するとき,普通の石鹸を使っておこなう。

②手袋:感染源となりうるものに触れるときや患者の粘膜や傷のある

皮膚に触れるとき,清潔な手袋を着用する。使用後,

もしくは非汚染物や他の患者に触れるときは,手袋を外し,手洗いする。

③マスク・ゴーグル・フェイスマスク:体液・体物質等が飛び散り,

目・鼻・口を汚染する恐れのある場合に着用する。

④ガウン:衣服が汚染される恐れのある場合に着用する。

汚染されたガウンはすぐに脱ぎ,手洗いをする。

⑤器具:汚染した器具は,粘膜・衣服・環境を汚染しないように操作する。

再使用するものは,清潔であることを確認する。

⑥リネン:汚染されたリネン類は,粘膜・衣服・他の患者・環境を

汚染しないように操作し,適切に移送・処埋する。