介護老人保健施設ケア・スポット梅津

http://carespotumezu.jimdo.com/

2021年 改定と提言

コロナ禍での時期報酬改定は??
インパクトあるモノには
出来ないでしょう...
コロナ対策疲弊の上 、
運営上に負荷を
かけることがないという
理由からです。
社保審資料を見ていても
秋に向けての課題は見当たらず
今までの議論内容や資料提示くらいで
留まっています。
老健だと
5分類の報酬単価に
差を付けるくらいは期待したいところです。
おそらく
基本型・その他型は
介護医療院などへの転換もあり得るのでは
ないでしょうか?
多床室で平均在所も3年以上(1000日越え)な
老健は、特養寄りであり
第二特養と揶揄されています。
リハや介護スタッフ配置も
加配しないで緩く運営できる
基本型・その他型。
2021年は、ボデイ―ブローは無くとも
2024年には、大きくさわってきそうです。
社保審にお願いは
今以上に加算加算と複雑な報酬制度にしないで
整理したうえでシンプルにしてほしいところと
人員基準などの緩和で
オンコールや15分以内駆けつけOKのような
仕組みづくり。
また。訪看や訪介サービスの
施設への乗り入れでのマンパワー不足解消。
利用者が安心できる受け皿探しの
情報集約とコーデイーネータ―育成、
それに伴う連携室MSWの業務軽減。
さほど
イニシャル掛けずに見直し緩和で
業界が持続維持できる方法を考えていかないとなりません。