けあちゃん

介護保険の応援チャンネル【非公認】

関わりの線引き

相談業務≒コンサルテイング。
その結果がケアプラン。
そして有償化検討、
有償化ばかり話題ですが
相談業務の深さは無関係。
ここにも大きな落とし穴
相談相手との線引き。
SW相手に前事業所で言ってたのは
「恋人未満、友達以上」っていう
CMのパクリ。
福祉を武器に相手の懐に入り込んで
問題解決ってのがソーシャルワーク基本と
解釈すれば
熱い人ほど、ミイラ取りがミイラ化。
傾聴同調してる間に、自己催眠状態(自己陶酔)に
なってるような人も少なくないのです。
”何とかしてあげなくては!”の気持ちのみが
増大化して勘違い神の領域に片足突っ込んでる人も。
援助のプロである以上
DRYで居られ続けれるかが大切。
ミイラ化してる人に
そこまで言うなら、あなたが後見人にでもなって
自宅で支援対応すれば?というと
多くは閉口します。
確かに論点すり替えはあるでしょうが
線引きの基準がないから起こるケースです。
どこかで、自身を安全域に置きながら
福祉を盾にする方には
足の置き場を再点検いただきます。
こういう方ほど
1年先の中長期も描いておらず
結局、どこかで丸投げする傾向有ります。
「あなただけ特別」感で接するのは良いけど
標準化してないと
「あの人は、してくれた」になります。
施設と居宅では
関与期間が異なりますが
施設の方が、こうしたケース多いように感じます。
関与の深さが
対価に繋がるなら...
その一つがケアプラン有償とみれば
見方も少し変わりそう。
ケアマネ時給2000円としても..
鬼手仏心